210608_植物近況報告

これまでは植物記事はひとまとめに “Plants” としていたが,記事が増えてきたため植物毎のカテゴライズに変更した。
ブログ上部にある “Plants” メニューのプルダウンから各記事に飛べる。
レザークラフトも同様に,よく作るものについてはカテゴライズ済み。


半年に1度くらいのペースとなった植物近況報告。
県外へ単身転居することが決まり,地植えした植物とは暫くお別れとなるため更新しておく。
とはいえ前回更新時から特に代わり映えはしないのだが。


*シルクジャスミン
2度目か3度目の外での冬越を終え,再び元気よく成長中。
背丈は140cmほど。


*カポック
高さ制限でもあるのかと思うくらいに,相変わらず上へ伸びず葉が茂るだけのカポック。
見えない天井がありそう。


*アボカド
3mm弱にまで育ったアボカド。もはや全体図を写真に収めるのは困難なため一部を。
アボカドは地植えではなく大きい鉢に植えてある。
ここまで育てば既に完全に根詰まりしているだろうが,お構いなしに成長中。
一体どれほどまで育つのだろうか。


*ワイヤープランツ
昨年10月頃,地植えに移行したワイヤープランツ。
当時の様子がこちら↓

3株移植したうち,まともに生き残ったのは1株のみ。
他2株は見るも無残な姿に…
同じ土で同じ水やりの頻度なのに何故。
アイビーやポトスの蔓性の植物は葉と葉の間に気根と呼ばれるものがあり,この気根から空気中の水分を吸収し養分へと変えるらしい。
そしてこの気根は土に触れ暫くすると通常の根と同じように根を張ってゆくのだが,ワイヤープランツにも気根があるのだろうか?
生き残った1株がいずれ成長するとして,もし気根があるなら複数箇所で根を張りどんどん勢力を拡大していくと思うのだが,
気根がない場合はどれだけ成長しても根は1箇所であり,そこから長〜〜い蔓が伸びるという,勢力を拡大したと言えるのかどうか微妙な状態になるような…
笑ってしまうほどにワイヤープランツを庭に茂らせている家が近所にあるが,あれは蔓をかき分けていったときに どういう風に地面から生えているのだろうか。

そして現在↓

完全復活。
ワイヤープランツにも気根はあるらしく,そこかしこに根を張り勢力拡大中。
ついこの間までこの花壇にはスノーポールの花が大量に植わっていて,その影に隠れてワイヤープランツは様子がよく分からなかったのだが,着実に成長していたようだ。
その間日当たりの良し悪しがあったためか,葉のサイズがまばら。
帰省した時の様子が楽しみ。


*テーブルヤシ
テーブルヤシは転居先に持っていくため お別れはしないのだが,5月中頃にこのようなものが生えてきた↓

どうやらこれは花になるらしい。
順調に行けば黄色い鈴蘭のような花になるらしいが,6月上旬現在,写真の状態から変化なし。
むしろサイズはそのままに茶色く変色しつつある。悲しい…


以上。
地植えの植物たちの水やりは家族にお願いすることとなる。

– – –
↓ランキング参加してます。1日一回クリックしてもらえると更新の励みになります。

観葉植物ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中